葬式の形の多様化と取り巻く環境の変化

葬式の形の多様化と取り巻く環境の変化

葬式

葬式の形の多様化と取り巻く環境の変化

様々な形で式例行事は行われていますが、個人として多くの方が必ず経験する式例に葬式があります
葬式は亡くなった人のために行うこの世とのお別れ式であると同時に亡くなった故人を生前関係を持っていた人々が悼む行事といえます
式例の方法は地域性や宗教によってかなり異なっていますが日本では概ね寺に所属する僧侶職が故人の葬儀で中心的役目を果たしお通夜、告別式、火葬、お墓への納骨と進む形が一般的です
またかつて葬儀は費用がかかる為、富裕層や権力者達しか取り行っておりませんでしたが戦後葬儀は一般消費者層にも普及が進み、ある意味確立した式例となっています
ただ確立した式例であり、かつ競合を少ない分野の為葬儀料金の不透明感がながくつきまとっていました
最近は異業種からの参入があり、かつインターネットによる情報公開する事業者も現れ葬儀料金の透明化が進むだけでなく、墓に納骨しない風葬や海に遺骨をまく海葬など葬儀のスタイルもニーズに合わせ多様化が加速していることがわかってきました
今後も消費者ニーズに合わせ葬儀の多様化は進むと予想されます

お知らせ

一覧

突然やってくる葬式という別れの日

葬式の形の多様化と取り巻く環境の変化

木更津市内で評判が良い葬式業者を探す方法

葬式マナーが分からない方はネットで情報を集めよう